婚活が一番いい
婚活が一番いい
ホーム > ディズニーランド > FANTASMIC!ディズニーの海外版と日本版の違い

FANTASMIC!ディズニーの海外版と日本版の違い

昨日からファンタズミックの公演が始まりました。

今日、さっそく見てきました。その報告です。

 

FANTASMIC!ではなく、ファンタズミック!っていう感じです。日本用に焼きなおしてるのはそれはそれで理解できますがFANTASMICのテンポのよさがないというか。オリジナルを知らずにファンタズミックを見れば、前2作(シンフォニー・ブラビ)よりよい作品だと感じると思いますけどね。やはり本場にはかないません。

ディズニーランドの豆知識が参考になります。

 

違うのは当たり前!という意見もあるでしょうし、もちろん個人的にもそう思いますが、どうしても納得いかない一番違和感があるのがバックミュージックです。本場の海外版は大体、サビ→ビアノメロディといった展開で流れるような旋律で続くのですが、主サビからいきなり次の展開にいくような編曲となっています。個人的にはピアノ旋律あってこそのFANTASMIC!と思っているんですが。まあ、WDWオリジナルからしてみれば、DL版もピーターパンとかありえないのかもしれませんが、メロディラインまで変えられては・・・・まあ、そのうち慣れるんでしょうけど。

おそらく・・・海外組の方々はかなり違和感を感じると思います。海外を見たことある人は別物と思ってみましょう。まあ、日本版と割り切ってみましょう。

 

なんか、Eパレがリニューアルするようです。

ジーニー、アラジン、トイストーリー、フェアリーズの4フロートが投入されるようですが、トイストーリーフロートの説明に『ウッディーやバズライトイヤーがミスターポテトヘッドなどのおもちゃたちのフロートにのって登場します』